商品アイテム数 0アイテム

商品合計:0円(税込)

あと2500円で送料無料

ショッピングカート

閉じる

カナダのオーガニックフード ギャザー(gather)ワイルドオーシャンお試しキャンペーン

生産者のことや環境のことまで考えているブランドだから、気持ちよく使える”ギルトフリー”なフード「ギャザー」。 初夏のお試しキャンペーンでは、この『ギャザー』の3つのラインナップの中から、お魚フード「ワイルドオーシャン」を、ちょっとうれしい100グラムもお試しできます。食いつきもちろん、小型犬なら完食するかを確認できますね。 このチャンスにぜひ「ギャザー ワイルドオーシャン」お試しください。
また、「ギャザー」を開発したペットキュリアン社が公開している、原材料に対する《神話》的なものを、獣医師とペット栄養学博士とともに科学的にズバッと書いたものを記載しています。そちらも読んでいただけると、《気持ちよく使える》感がもっと深まるかもです。
プレゼント対象はポチWEB会員様(お客さま登録した方)に限ります。ご登録は無料で簡単です。


会員登録をする

\先着2000名様/お試し100gプレゼント

先着2000名様に、『gather ギャザー』ワイルドオーシャン100gサイズをプレゼントします。

(お試しサイズプレゼント内容)

ギャザーお試し

◆お試しプレゼントスタート:2018年6月1日(金)14時
◆数量: 先着2000名様
対象:WEB会員様限定(会員登録をしたお客様)で、ドライフードカテゴリ商品を2,500円(税込)以上ご注文の方
プレゼント品:『gather』 ギャザーワイルドオーシャン100gサイズ
(ご注意)
※お試し品ですので、早めに与えてください。
※期間内なら何回でも対象、進呈品はご購入商品に同梱しています。
※お試しサイズプレゼントは、非会員、または、ログインせずにご購入された場合は対象外となります。
※本キャンペーンは先着数に達し次第、予告なく終了します。

対象商品を見る

ワイルドオーシャンの特長

ギャザーの種類

あお色パッケージの「ワイルドオーシャン」は、 アラスカの海で収穫したMSC認証のタラやオーガニック認証の食材を使い、犬にも環境にもやさしいレシピです。 海のスーパーフードであるクリル入り。

【ワイルドオーシャンの特徴】
+MSC認証を受けたアラスカ産のタラを使用
+EPA、DHA源としてMSC認証のクリル使用
+オメガ3、オメガ6源としてオーガニック認証のフラックスシード、ヒマワリ油を使用
+穀類・グルテン不使用
+レンダリング原材料不使用
+遺伝子組み換え食品不使用
+小麦、トウモロコシ、大豆不使用

【第三者機関の認証】厳選された原材料を使用しています。
○MSC認証のタラ
○MSC認証のクリル(オキアミ)
○USDA認証の植物由来パッケージ(454gサイズ以外)


【その他の味のバラエティのご紹介】
フリーエーカー
オーガニックチキンを中心に、ベリー類、クリル(オキアミ)などの機能性食材を加えたレシピで、オレンジ色のパッケージ 「フリーエーカー」。こちらも海のスーパーフードであるクリル入り。
○USDA認証 オーガニック チキン  ○USDA認証 オーガニック エンドウ豆

エンドレスバレー
オーガニック認証原材料を使用した美味しい総合栄養食のベジタリアンレシピで、 みどり色のパッケージの「エンドレスバレー」。 皮膚トラブルや消化器トラブルなどにより動物性食材が食べられない犬にもおすすめです。(本国では3種類のうちで、人気No1)
○VEGAN.ORG認証のベジタリアンレシピ(動物性原材料は使っていません)

ギャザーの商品一覧を見る >>

原材料に対する《神話》的なものの話

ギャザーを開発したペトキュリアン社のジェニファー博士によるコラムをご紹介します。

すべてのPetcureanレシピは最高品質の、最も健康的で最も風味豊かな成分を使用して作成されますが、 インターネット上では、成分に関するネガティブな情報も見受けられます。 フィクションを真実と区別するのは難しいことを知っていますが、Petcureanのペット栄養学博士のJennifer Adolpheと一緒に、成分に関する神話を打ち破っていきます。

神話#1  「ポテトは、健康なペットのイースト菌感染症を引き起こす」
炭水化物を含む食品を食べるとイヌやネコがイースト菌感染を起こすリスクが高くなることが示唆されています。 イースト菌は増殖のために炭水化物(すなわちグルコース)を必要としますが、実際には、健康体であれば、動物は血糖値を上手に管理できるので、食品によって感染症を引き起こすことはまずありません。 血中にはイースト菌のためのほんの少しグルコースしか残る程度となります。
イースト菌による感染が起こった場合は食品でなく、ほかの病気やアレルギー(環境や食糧による)によって体が脆弱なときに 感染した可能性の方が高いです[1]
しかし、糖尿病のペットは、インスリンホルモンの生産や機能に問題があり 、イースト菌感染に対してより感受性が高いです。 これらのペットは、獣医師が監視するインスリンプログラムと厳重に管理された食事をとる必要があります。

神話#2 「 多くのペットはポテトにアレルギーがある」
ペットの犬や猫には、ポテトアレルギーは稀にしか見られません。 最も一般的に報告されている食物アレルゲンは[2]、次のとおりです。
犬:牛肉、乳製品、鶏肉、小麦
猫:牛肉、魚、鶏肉

神話#3 「 ポテトは犬猫の栄養源として価値がない」
ドライフードの粒を形成するために炭水化物が必要であることは事実ですが、ポテトはカサマシ成分ではありません。 ポテトには多くの必要な栄養素が含まれています。[3]
○タンパク質
○栄養源でありカロリー源である複合炭水化物
○皮に含まれる食物繊維(皮ごと使用しています)
○重要なビタミンやミネラル: •マンガン •ナイアシン •葉酸 •リン •銅 •ビタミンA •ビタミンB6 •ビタミンC •ビタミンK •チアミン

神話#4「キャノラ油は危険な原材料である」
Petcureanは、安全な原材料としてキャノラを使用し、オメガ3&6脂肪酸の優れた供給源として使用しています。オメガ3&6脂肪酸は、体内で生成されないため、食事より供給されなければならない犬猫にとって不可欠な栄養素です。 キャノラ油は、オメガ3&6脂肪酸の含有量およびαリノレン酸(ALA)含有量が多く、他の油ではこれらの必須栄養素のレベルを高くすることはできません。
オメガ3&6脂肪酸の利点は[4]、次のとおりです。
○皮膚被毛の健康をサポート
○炎症や関節炎の痛みを和らげます
○ 心臓と腎臓機能をサポート

私たちが使用するキャノラ油は、遺伝子組換え種子から栽培されています。 しかし、カナダキャノラ評議会によると、組み換えによる影響は油ではなくがキャノラ植物です。 遺伝子組み換えは、タンパク質である1つの遺伝子のみになされています。精油工程で、タンパク質は除去され、GMO種子から作られたキャノラ油は、従来のキャノラ油と変わりません。GMOの存在について最終製品をテストし、犬と猫の両方のレシピで0.09%以下の製品であることを保証することができます。

神話#5 「エンドウ豆は栄養摂取を阻止し、高エストロゲン状態を引き起こす。」
インターネット上で、エンドウ豆のレクチンに対して懸念を示している人々がいます。
レクチンは多種多様な作物によく見られる炭水化物結合タンパク質であり、大量の生の種子や小麦粉が消費されると、成長障害、下痢、鼓脹、嘔吐、赤血球凝固を引き起こす可能性があります。捕食動物の腸内不快感を引き起こすことによって種子を保護するために進化したと考えられています[5]。

しかし、ペットフードを作るための熱処理はレクチンの抗栄養特性を不活性化します[5]。 実際、レクチンは、適切に処理された場合に、疾患の予防または治療に有益な効果を有する可能性があります。 ヒトのデータは、豆類のレクチンが、肥満を制御するのに有益な特性を有し得ることを示唆しています[5]。 予備研究は、レクチンが、抗ガン効果と免疫増強効果を有する可能性があることが示されています。 エンドウ豆には植物エストロゲンが含まれています。
植物性エストロゲンは動物性エストロゲンと構造的に類似している植物に天然に存在する化合物です。ブリーダーの中には、エンドウ豆の植物エストロゲンが繁殖動物の繁殖力を低下させるという懸念を表明している人がいます。しかし、エンドウ豆の植物性エストロゲン含有量は他の一般的な食品と変わりません。

[参考文献]
[1].チャラッカ・マラセチア皮膚炎。 Can Vet J 1997; 38:311-314を参照のこと
[2]. Mueller RS、Olivry T、Prelaud P.コンパニオンアニマルの副作用に関する重要な評価項目(2):犬と猫の食物アレルゲンの共通原因。 BMC Vet Res 2016; 12:9
[3].米農務省。 USDA標準栄養素データベース、2018年
[4]. Bauer JE。犬のオメガ3脂肪酸の本質的性質J Am Vet Med Assoc 2016; 249:1267-1272
[5]. Roy F、Boye JI、Simpson BK。パルス作物における生物活性タンパク質およびペプチド:エンドウマメ、ヒヨコマメ、およびレンズマメ。フードリサーチインターナショナル。 2010; 43(2):432-442
Bhagwat S、Haytowitz DB、Holden JM。選択された食品のイソフラボン含有量に関するUSDAデータベース。 Beltsville、MD:米国農務省、2008年


ちょっと長かったですが、コラムはいかがでしたか?

ペットキュリアン社 ジェニファー博士の真剣さが垣間見れたコラムのご紹介でした。
インターネット黎明期に比べ私たちが触れることができる情報はほんとうにたくさん増えて、自分から探さなくても「あなたにぴったりの情報」として向こうからやってきたりします。なんとなく納得してしまうのですが、「前より、ピタッとするものが探せない・・・。」そんな声も聞こえるように。 だから、ポチでは「こんな意見をこんな人が発信しているよ。」というような内容を、出来る限り探して、いろんなライフスタイルや考え方に「これ、ピタっときた!」があるよう、いろいろたくさんご紹介させていただきます。

とにかく、ギャザーは安全性や透明性の高い、確かな生産者の手による食材をせっせと集めてきてつくった素敵なフードです。たとえば、「ワイルドオーシャン」なら、環境への配慮が認められた水産物、乱獲したものでないMSC認証のものを。 「フリーエーカー」は、 濃厚な風味のオーガニックチキンをフレッシュのまま使ったり、生肉の4倍以上のタンパク質をとるためジャーキーのような製法で乾燥させた「チキンミール」という表記の材料とは別物の、「organic dehydrated chicken 乾燥チキン」と、有機えんどう豆と抗酸化にうれしいベリー類などをブレンドして完成させています。驚くほどよく食べますので、ぜひお試しください。



おいしいオーガニック

ギャザー
もっと詳しく知りたい方は、こちらのオーガニックの『ギャザー』をご覧ください。

  • 初回or2,500円以上 送料無料
  • 営業日14時までのご注文 当日発送
  • ポイント 5%還元