会員の方へ

初めての方へ

会員登録する

閉じる

  • お気に入りリストを見る

ログアウトはトップページ
よりお願いします。

トップページはこちら

閉じる

商品アイテム数 0アイテム

商品合計:0円(税込)

あと3300円で送料無料

ショッピングカート

閉じる

ナチュラルハーベスト 離乳食インファント

ナチュラルハーベスト 離乳食インファント

子犬の離乳期に適した総合栄養食です。離乳期に不適切な食事を与えることで将来アレルギーをはじめとする様々なトラブルの抱えてしまうこともよくあります。消化機能の低下したシニア犬にもオススメです。

種類・価格(税込)

1,320円
×(在庫切れ)
7,700円
数量

お気に入りリストに追加

  • 初回or2,500円以上 送料無料
  • 営業日14時までのご注文 当日発送
  • ポイント5%還元

返品・返金・交換について
商品に◆、★マークがついている商品(冷凍冷蔵)
は返品不可

子犬の離乳期に適した総合栄養食です。
多くの犬がアレルギーや慢性的な軟便で悩んでいると言われています。離乳の内容と時期にその原因があるのではないかと考え、離乳食「インファント」をご用意することにしました。
「インファント」は、ミルクをベースに、アルファー化米などの消化しやすいタンパク質や消化機能や免疫機能の充実を助ける成分を配合しました。
さらに、消化しやすさ、与えやすさを考えてパウダー状にしてあるので、温湯と混ぜるだけで簡単に理想的な離乳食を作ることができます。
母犬の栄養補給や歯の弱い高齢犬の食事、滋養食としてもご使用になれます。


●原材料
ミルクカゼイン  スキムミルク  チーズ  乳酵母  α化米  キャノラ油  パーム油  卵黄  チキンレバーエキス  ラード  カキ(牡蠣)殻粉末  ビートファイバー  豚マローエキス  牛初乳  ラフィノース  魚油  レシチン  カゼインホスホペプチド  ラクトフェリン  リゾチーム  ベータカロテン  タウリン  Lリジン  Lアルギニン  DLメチオニン  Lトリプトファン  Lシスチン  クエン酸  ビタミンA  ビタミンD3  ビタミンE  ビタミンK  硝酸チアミン  リボフラビン  塩酸ピリドキシン  ビタミンB12  ナイアシン  パントテン酸カルシウム  葉酸  ビオチン  塩化コリン  アスコルビン酸カルシウム  イノシトール  塩化カリウム  硫酸マグネシウム  硫酸亜鉛  硫酸鉄  硫酸銅  硫酸マンガン  ヨウ素酸カルシウム  リン酸ナトリウム  キレートセレン  塩化ナトリウム  豚膵臓乾燥末  ラクターゼ

●保証分析値
粗タンパク 34.0%以上  粗脂肪 14.0%以上  粗繊維 2.5%以下  粗灰分 9.0%以下  水分 6.0%以下
○代謝カロリー 359kcal/100g


※湿気の少ない冷暗所で、袋の口をしっかりと閉じて保管し、開封後はなるべく早く使い切って下さい。
※常に新鮮な水が飲めるようにして下さい。
※水分と混ぜてから24時間以上経過した離乳食の使用はおやめ下さい。
※体重の増加がとまったり、様子がおかしいときは、すぐにかかりつけの獣医にご相談下さい。
※体質の合わないときは直ちに給与を中止して下さい。
※添付スプーンは山盛り1杯で約4gです。

●給餌方法と給餌量の目安
☆離乳食としてご使用になる場合
総合栄養食ですので、[インファント]と水だけで必要な栄養素をまかなう事ができます。母乳の量や成長の速度など個体差がありますが、生後3~4週目ぐらいから離乳を始め、10~15週目前後までを目安に与えてください。母乳や離乳食の期間が長いほど、免疫機能や消化器官を充実させる事ができると言われています。なるべく離乳の期間にゆとりを持ちましょう
混ぜ方(混合比率)ミルク:温湯 = 1:3
離乳初めは、本品1に対し、温湯3の割合で溶かし、少量ずつ与えてください。急に濃い物を与えたり、消化器官が離乳の準備ができていない場合などに、軟便になる可能性があります。その際は、更に薄めて与えるか、離乳を中止して、しばらく様子を見てください。
直接、食器から食べることができるようになったら、本品1に対し、温湯1程度の割合にし、その後、成長の速度に合わせながら、徐々に濃度を濃くしてください。
一日の目安量
体重100gあたり本品を5~15g程度とし、基本的には食べられるだけ与えてください。
一日の給与回数
3~4回程度が標準です。消化能力の弱い子犬や、発育状態の遅い子犬は1回の量を減らし、回数を増やして、与えてください。

☆母犬の栄養補給や歯の弱い高齢犬の食事、滋養食としてご使用の場合
フードなどにふりかけてお使いいただくか、適当な濃度に温湯で溶いて与えてください。
高齢犬の普段の食事として与える場合は、1日あたり[インファント]を体重の約2%程度与えてください。

◎更に詳しく…
子犬の離乳期の食事も、人間の赤ちゃんと同様に。
人間の赤ちゃん用の売り場に行けば、たくさんの種類のものが用意されているにもかかわらず、犬用の離乳食はほんの数種類しかありません。人間の赤ちゃんと同様に、消化器の成長に合わせて少しずつ離乳していくことが大切です。
子犬の時期は、特に消化機能や免疫機能をつくる重要な時期で、このころ創られた体と一生付き合っていくことになります。この時期に多くの種類の食べ物を急に食べてしまうと、準備が整っていない消化器は食べ物に含まれるタンパク質を上手に分解できず、未消化のまま吸収してしまいます。その結果、腸の発育が妨げられ、将来的に軟便などの症状を引き起こす一つの原因と言われています。また、未消化のまま吸収されたタンパク質は体内でアレルギーの原因である抗原になる場合があるとの研究結果もあります。


グラム 価格  
お気に入りリストに追加
ライフステージ 犬用離乳食(オールライフステージ総合栄養食)
主原料 カゼイン  スキムミルク  チーズ  乳酵母  α化米  キャノラ油  パーム油
保証分析値 粗タンパク 34.0%以上  粗脂肪 14.0%以上  粗繊維 2.5%以下  粗灰分 9.0%以下  水分 6.0%以下
原産国 日本
カロリー 代謝カロリー 3590kcal/kg
備考 溶いた離乳食の作り置きや、溶いてから24時間以上経過した離乳食のご使用をおやめください

商品の詳細を見る

子犬の離乳期に適した総合栄養食です。
多くの犬がアレルギーや慢性的な軟便で悩んでいると言われています。離乳の内容と時期にその原因があるのではないかと考え、離乳食「インファント」をご用意することにしました。
「インファント」は、ミルクをベースに、アルファー化米などの消化しやすいタンパク質や消化機能や免疫機能の充実を助ける成分を配合しました。
さらに、消化しやすさ、与えやすさを考えてパウダー状にしてあるので、温湯と混ぜるだけで簡単に理想的な離乳食を作ることができます。
母犬の栄養補給や歯の弱い高齢犬の食事、滋養食としてもご使用になれます。


●原材料
ミルクカゼイン  スキムミルク  チーズ  乳酵母  α化米  キャノラ油  パーム油  卵黄  チキンレバーエキス  ラード  カキ(牡蠣)殻粉末  ビートファイバー  豚マローエキス  牛初乳  ラフィノース  魚油  レシチン  カゼインホスホペプチド  ラクトフェリン  リゾチーム  ベータカロテン  タウリン  Lリジン  Lアルギニン  DLメチオニン  Lトリプトファン  Lシスチン  クエン酸  ビタミンA  ビタミンD3  ビタミンE  ビタミンK  硝酸チアミン  リボフラビン  塩酸ピリドキシン  ビタミンB12  ナイアシン  パントテン酸カルシウム  葉酸  ビオチン  塩化コリン  アスコルビン酸カルシウム  イノシトール  塩化カリウム  硫酸マグネシウム  硫酸亜鉛  硫酸鉄  硫酸銅  硫酸マンガン  ヨウ素酸カルシウム  リン酸ナトリウム  キレートセレン  塩化ナトリウム  豚膵臓乾燥末  ラクターゼ

●保証分析値
粗タンパク 34.0%以上  粗脂肪 14.0%以上  粗繊維 2.5%以下  粗灰分 9.0%以下  水分 6.0%以下
○代謝カロリー 359kcal/100g


※湿気の少ない冷暗所で、袋の口をしっかりと閉じて保管し、開封後はなるべく早く使い切って下さい。
※常に新鮮な水が飲めるようにして下さい。
※水分と混ぜてから24時間以上経過した離乳食の使用はおやめ下さい。
※体重の増加がとまったり、様子がおかしいときは、すぐにかかりつけの獣医にご相談下さい。
※体質の合わないときは直ちに給与を中止して下さい。
※添付スプーンは山盛り1杯で約4gです。

●給餌方法と給餌量の目安
☆離乳食としてご使用になる場合
総合栄養食ですので、[インファント]と水だけで必要な栄養素をまかなう事ができます。母乳の量や成長の速度など個体差がありますが、生後3~4週目ぐらいから離乳を始め、10~15週目前後までを目安に与えてください。母乳や離乳食の期間が長いほど、免疫機能や消化器官を充実させる事ができると言われています。なるべく離乳の期間にゆとりを持ちましょう
混ぜ方(混合比率)ミルク:温湯 = 1:3
離乳初めは、本品1に対し、温湯3の割合で溶かし、少量ずつ与えてください。急に濃い物を与えたり、消化器官が離乳の準備ができていない場合などに、軟便になる可能性があります。その際は、更に薄めて与えるか、離乳を中止して、しばらく様子を見てください。
直接、食器から食べることができるようになったら、本品1に対し、温湯1程度の割合にし、その後、成長の速度に合わせながら、徐々に濃度を濃くしてください。
一日の目安量
体重100gあたり本品を5~15g程度とし、基本的には食べられるだけ与えてください。
一日の給与回数
3~4回程度が標準です。消化能力の弱い子犬や、発育状態の遅い子犬は1回の量を減らし、回数を増やして、与えてください。

☆母犬の栄養補給や歯の弱い高齢犬の食事、滋養食としてご使用の場合
フードなどにふりかけてお使いいただくか、適当な濃度に温湯で溶いて与えてください。
高齢犬の普段の食事として与える場合は、1日あたり[インファント]を体重の約2%程度与えてください。

◎更に詳しく…
子犬の離乳期の食事も、人間の赤ちゃんと同様に。
人間の赤ちゃん用の売り場に行けば、たくさんの種類のものが用意されているにもかかわらず、犬用の離乳食はほんの数種類しかありません。人間の赤ちゃんと同様に、消化器の成長に合わせて少しずつ離乳していくことが大切です。
子犬の時期は、特に消化機能や免疫機能をつくる重要な時期で、このころ創られた体と一生付き合っていくことになります。この時期に多くの種類の食べ物を急に食べてしまうと、準備が整っていない消化器は食べ物に含まれるタンパク質を上手に分解できず、未消化のまま吸収してしまいます。その結果、腸の発育が妨げられ、将来的に軟便などの症状を引き起こす一つの原因と言われています。また、未消化のまま吸収されたタンパク質は体内でアレルギーの原因である抗原になる場合があるとの研究結果もあります。


この商品のレビュー

総合評価

0点(全0件)

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿するにはログインしてください。

レビューを投稿する

この商品を買った人は、こんな商品も買っています