会員の方へ

初めての方へ

会員登録する

閉じる

  • お気に入りリストを見る

ログアウトはトップページ
よりお願いします。

トップページはこちら

閉じる

商品アイテム数 0アイテム

商品合計:0円(税込)

あと3300円で送料無料

ショッピングカート

閉じる

アミノコンプレックス バイオファクター

アミノコンプレックス バイオファクター

腸内環境の健康維持を実現するサプリメント。消化・吸収・排泄を正常に維持し、免疫を良好に保ち、健康維持に役立ちます

種類・価格(税込)

3,375円
6,334円
数量

お気に入りリストに追加

  • 初回or2,500円以上 送料無料
  • 営業日14時までのご注文 当日発送
  • ポイント5%還元

返品・返金・交換について
商品に◆、★マークがついている商品(冷凍冷蔵)
は返品不可

バイオファクターは「バイオジェニックス」と「プロバイオティクス」により腸内環境の健康維持を実現するサプリメントです。
腸内環境の健康維持とは腸内善玉菌を優勢にすることで悪玉菌の増殖を抑え、日和見菌が悪玉菌に転化することを防ぎ、良好な腸内細菌叢(ミクロフローラー)バランスを促します。
消化・吸収・排泄を正常に維持し、免疫を良好に保ち、健康維持に役立ちます。

バイオジェニックスとは「宿主に有益な作用をもたらす微生物および微生物が増殖の際に生成した代謝産物を摂取することで、善玉菌を増やし、腸内環境を改善し健康維持と病気を抑制すること」と定義されます。
本品に配合したバイオジェニックスは16種類の乳酸菌の生成エキスと乳酸菌(16種類)死菌体及びビフィズス菌培養代謝物です。

プロバイオティクスとは、「宿主に有益な作用をもたらす生きた微生物を摂取し、腸内に善玉菌を送りこみ腸内細菌のバランスを改善すること」と定義されます。
最近では有益な微生物を増やす成分を含めてプロバイオティクスと呼ぶ傾向があります。本品に配合したプロバイオティクスは安全で宿主に良い効果をもたらし、生きたまま腸に到達し小腸下部や大腸内で増殖するビフィズス菌3種類と納豆菌です。

●使用目的
腸内環境の健康維持、健康的な便通を望む犬猫に。お腹の調子を崩しやすく軟便、粘液便、下痢になりやすい犬猫の健康維持に。
腸管免疫活性が低下しやすく、病気にかかりやすい体質、虚弱体質の犬猫の健康維持に。
抗生物質治療後の腸内環境の健康維持に。

●原産国:日本

●原材料
乳製品(スキムミルク、ホエイプロテイン濃縮物、ホエイパウダー、ミルクカゼイン)、キャノラ油、パーム油、マルトデキストリン、鶏卵粉、イヌリン、ビートファイバー(特定保健用食品)、ビフィズス菌培養代謝産物、ヨーグルトパウダー、納豆粉末、フィッシュペプチド、ラクチュロース、乳酸菌生成エキス(乳酸菌16種類配合)、ビフィズス菌3種

●保証分析値
粗蛋白質15%以上 粗脂肪7%以上 粗繊維18%以下 粗灰分7%以下 水分10%以下 
○カロリー263kcal/100g

●給与量の目安
体重5kgにつき1.5gを、食事に混ぜるかそのまま与えます。
添付の2ccスプーンすり切り一杯は約1.2g、5ccスプーンすり切り一杯は約3gです。

●給与方法
食事に振り掛けたり、そのまま舐めさせたり、温水に溶いて与えます。
与え始めてから数日は便が軟らかになる事があります。
給与量は年齢・健康状態などで適宜加減下さい。


◎機能成分詳細
【バイオジェニックス】
バイオジェニックスの働きには大きく分けて「腸内フローラーの改善」と「免疫機能調整」があります。
「腸内フローラーの改善」:便通改善に始まり、消化吸収・血液浄化・解毒作用の向上を促進し健康の基礎になります。
「免疫機能調整」:腸管には免疫系の要であるリンパ球の約60%が存在しており、腸管は「犬猫最大の免疫器官」といえます。バイオジェニックスには、腸管免疫細胞に働きかけ、全身の免疫バランスを整える作用があります。
現代の医療ではバイオジェニックスが補完代替医療の素材として、便秘や下痢、各種胃腸疾患、がんやアレルギー疾病、生活習慣病、歯医者分野など多岐にわたる目的で利用されています。

乳酸菌生成エキス
乳酸菌16種類が分泌した発酵産物と乳酸菌16種類の死菌体で構成されたエキスです。
乳酸菌生成エキスは、独自の発酵技術を用い16種類の乳酸菌を共棲培養します。無農薬・無化学肥料栽培の大豆の豆乳の培地に一年間熟成させた後に、乳酸菌の発酵産物を抽出したものです。この発酵産物の中には、生きた乳酸菌ではなく、乳酸菌の分泌物(乳酸菌が作りだすエキス)と菌体物質(乳酸菌の細胞物質)が含まれます。生菌の乳酸菌素材は多くありますが、それらの外来菌はたとえ生きたまま腸まで届いたとしても通過菌となり、そのほとんどは定着しません。
近年では「生きた乳酸菌」よりも死菌体や発酵産物の方が、整腸作用や生体機能調整に効果が高いという研究も出てきております。(バイオジェニックスの理論根拠)
身体の外部から善玉菌を取り入れるだけでなく、犬猫が生まれたときからもっている自分自身の善玉菌に働きかけ腸内細菌バランスを良好に改善する事が大切になります。

ビフィズス菌培養代謝産物
1.発酵代謝物として抗菌作用のある乳酸・酢酸や生理的に優れた機能を持つ未知の物質を含みます。
2.乳酸菌は菌体内に活性度の高い蛋白質分解酵素を多量に含みます。3.腸内の善玉菌の増殖を助けると推察されます。バイオジェニックス効果が期待されます。

ヨーグルトパウダー (発酵乳粉末)
脱脂粉乳を乳酸菌発酵後に殺菌しそのまま乾燥した乳成分100%の発酵乳粉末です。増量剤および食品添加物など一切使用しておりません。乳酸菌は菌体内には活性度の高い蛋白質分解酵素を多量に含み、腸内の善玉菌の増殖を助けると推察され、バイオジェニックス効果が期待されます。

【プロバイオティクス】
ビフィズス菌
本品には動物の腸管より分離した3種のビフィズス菌の生菌を配合しました。
ビフィズス菌は腸内感染の防御、腸内腐敗の抑制、各種ビタミン(ビタミンB1、B2、B6、K3、ビオチン、パラアミノ安息香酸、葉酸、パントテン酸、ニコチン酸など)の合成等に重要な役割を果たしています。特筆されるのは宿主に対して全く無害で専ら有益な作用のみを行っている細菌と結論づけられています。腸内で増殖する際、糖を分解して乳酸、酢酸を作ります。これらの酸は腸管蠕動運動を盛んにします。また、免疫グロブリンA等の免疫物質の産生を高めることも知られており、健康維持に役立ちます。
高齢期には減少するのでビフィズス菌補給が必要となります。ビフィズス菌は約7日間腸内に滞留し序々に排泄されます。

納豆粉末(納豆菌)
納豆菌は消化器官・呼吸器の腔壁に付着し増殖し、10日間内外滞留して活性菌として作用した後に大部分は生菌のまま排泄され、その間に副作用を起こすことがありません。変異変性がなく、微生物の中で最も安全性の高い菌です。自分自身が産生するビタミン類(ビタミンB12、B2、B6、K6、ビオチン、葉酸、バクテリオシン、ジピコリン酸等)や消化酵素(アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、ラクターゼ等)を菌体外に排泄・分泌する特性があります。

ラクチュロース
腸内に生息するビフィズス菌、乳酸菌等の善玉菌はオリゴ糖類や食物繊維を餌として増殖しています。これらの成分は「善玉菌増殖因子」と呼ばれます。善玉菌増殖因子には、ラクチュロース、フラクトオリゴ糖、ラフィノース、マルトリオース等のオリゴ糖や乳糖、イヌリン、食物繊維、シスチン、パントテン酸などがあります。

イヌリン
イヌリンは多糖類系の水溶性食物繊維です。広く自然界に分布していることが知られており、ゴボウ、ニラ、ニンニク、キクイモ、チコリなどに含まれる天然成分です。昔より人間が食してきた安全性の高い素材です。イヌリンは食物繊維のフラクトオリゴ糖とポリフラクタンから構成されます。イヌリンは難消化性の繊維であり大腸まで到達し、腸内に生息するビフィズス菌のような善玉菌の餌として効率良く利用され、腸内環境を改善します。イヌリンはいわゆるプロバイオテックス効果をもつ水溶性食物繊維です。

ビートファイバー (特定保健用食品)
ビートファイバーは薬品を使用せずに衛生的に生産される天然由来の食物繊維です。
ペクチン、ヘミセルロース、セルロース、リグニンの水溶性と不溶性の繊維から構成されます。天然由来の食物繊維源の中でも最も高い繊維含有量です。また野菜由来の繊維質組成を自然のまま保持していますので、自然の食物繊維形態で犬猫に給与できる特長があります。ビートファイバーは犬猫の消化酵素により分解されずに、大腸に到達する食物繊維です。
善玉菌の餌、善玉菌の住居となり善玉菌の増殖に役立つプロバイオテックスです。消化管との物理的・化学的相互作用を介して様々な栄養生理的効果を発現します。
グラム 価格  
お気に入りリストに追加
ライフステージ 犬用サプリメント(胃腸/健康)
主原料 乳製品  キャノラ油 パーム油 マルトデキストリン 鶏卵粉 イヌリン ビートファイバー ビフィズス菌培養代謝産物
保証分析値 粗蛋白質15%以上 粗脂肪7%以上 粗繊維18%以下 粗灰分7%以下 水分10%以下 
原産国 日本
カロリー カロリー263kcal/100g
備考 体質に合わないときは使用を中止してください。

商品の詳細を見る

バイオファクターは「バイオジェニックス」と「プロバイオティクス」により腸内環境の健康維持を実現するサプリメントです。
腸内環境の健康維持とは腸内善玉菌を優勢にすることで悪玉菌の増殖を抑え、日和見菌が悪玉菌に転化することを防ぎ、良好な腸内細菌叢(ミクロフローラー)バランスを促します。
消化・吸収・排泄を正常に維持し、免疫を良好に保ち、健康維持に役立ちます。

バイオジェニックスとは「宿主に有益な作用をもたらす微生物および微生物が増殖の際に生成した代謝産物を摂取することで、善玉菌を増やし、腸内環境を改善し健康維持と病気を抑制すること」と定義されます。
本品に配合したバイオジェニックスは16種類の乳酸菌の生成エキスと乳酸菌(16種類)死菌体及びビフィズス菌培養代謝物です。

プロバイオティクスとは、「宿主に有益な作用をもたらす生きた微生物を摂取し、腸内に善玉菌を送りこみ腸内細菌のバランスを改善すること」と定義されます。
最近では有益な微生物を増やす成分を含めてプロバイオティクスと呼ぶ傾向があります。本品に配合したプロバイオティクスは安全で宿主に良い効果をもたらし、生きたまま腸に到達し小腸下部や大腸内で増殖するビフィズス菌3種類と納豆菌です。

●使用目的
腸内環境の健康維持、健康的な便通を望む犬猫に。お腹の調子を崩しやすく軟便、粘液便、下痢になりやすい犬猫の健康維持に。
腸管免疫活性が低下しやすく、病気にかかりやすい体質、虚弱体質の犬猫の健康維持に。
抗生物質治療後の腸内環境の健康維持に。

●原産国:日本

●原材料
乳製品(スキムミルク、ホエイプロテイン濃縮物、ホエイパウダー、ミルクカゼイン)、キャノラ油、パーム油、マルトデキストリン、鶏卵粉、イヌリン、ビートファイバー(特定保健用食品)、ビフィズス菌培養代謝産物、ヨーグルトパウダー、納豆粉末、フィッシュペプチド、ラクチュロース、乳酸菌生成エキス(乳酸菌16種類配合)、ビフィズス菌3種

●保証分析値
粗蛋白質15%以上 粗脂肪7%以上 粗繊維18%以下 粗灰分7%以下 水分10%以下 
○カロリー263kcal/100g

●給与量の目安
体重5kgにつき1.5gを、食事に混ぜるかそのまま与えます。
添付の2ccスプーンすり切り一杯は約1.2g、5ccスプーンすり切り一杯は約3gです。

●給与方法
食事に振り掛けたり、そのまま舐めさせたり、温水に溶いて与えます。
与え始めてから数日は便が軟らかになる事があります。
給与量は年齢・健康状態などで適宜加減下さい。


◎機能成分詳細
【バイオジェニックス】
バイオジェニックスの働きには大きく分けて「腸内フローラーの改善」と「免疫機能調整」があります。
「腸内フローラーの改善」:便通改善に始まり、消化吸収・血液浄化・解毒作用の向上を促進し健康の基礎になります。
「免疫機能調整」:腸管には免疫系の要であるリンパ球の約60%が存在しており、腸管は「犬猫最大の免疫器官」といえます。バイオジェニックスには、腸管免疫細胞に働きかけ、全身の免疫バランスを整える作用があります。
現代の医療ではバイオジェニックスが補完代替医療の素材として、便秘や下痢、各種胃腸疾患、がんやアレルギー疾病、生活習慣病、歯医者分野など多岐にわたる目的で利用されています。

乳酸菌生成エキス
乳酸菌16種類が分泌した発酵産物と乳酸菌16種類の死菌体で構成されたエキスです。
乳酸菌生成エキスは、独自の発酵技術を用い16種類の乳酸菌を共棲培養します。無農薬・無化学肥料栽培の大豆の豆乳の培地に一年間熟成させた後に、乳酸菌の発酵産物を抽出したものです。この発酵産物の中には、生きた乳酸菌ではなく、乳酸菌の分泌物(乳酸菌が作りだすエキス)と菌体物質(乳酸菌の細胞物質)が含まれます。生菌の乳酸菌素材は多くありますが、それらの外来菌はたとえ生きたまま腸まで届いたとしても通過菌となり、そのほとんどは定着しません。
近年では「生きた乳酸菌」よりも死菌体や発酵産物の方が、整腸作用や生体機能調整に効果が高いという研究も出てきております。(バイオジェニックスの理論根拠)
身体の外部から善玉菌を取り入れるだけでなく、犬猫が生まれたときからもっている自分自身の善玉菌に働きかけ腸内細菌バランスを良好に改善する事が大切になります。

ビフィズス菌培養代謝産物
1.発酵代謝物として抗菌作用のある乳酸・酢酸や生理的に優れた機能を持つ未知の物質を含みます。
2.乳酸菌は菌体内に活性度の高い蛋白質分解酵素を多量に含みます。3.腸内の善玉菌の増殖を助けると推察されます。バイオジェニックス効果が期待されます。

ヨーグルトパウダー (発酵乳粉末)
脱脂粉乳を乳酸菌発酵後に殺菌しそのまま乾燥した乳成分100%の発酵乳粉末です。増量剤および食品添加物など一切使用しておりません。乳酸菌は菌体内には活性度の高い蛋白質分解酵素を多量に含み、腸内の善玉菌の増殖を助けると推察され、バイオジェニックス効果が期待されます。

【プロバイオティクス】
ビフィズス菌
本品には動物の腸管より分離した3種のビフィズス菌の生菌を配合しました。
ビフィズス菌は腸内感染の防御、腸内腐敗の抑制、各種ビタミン(ビタミンB1、B2、B6、K3、ビオチン、パラアミノ安息香酸、葉酸、パントテン酸、ニコチン酸など)の合成等に重要な役割を果たしています。特筆されるのは宿主に対して全く無害で専ら有益な作用のみを行っている細菌と結論づけられています。腸内で増殖する際、糖を分解して乳酸、酢酸を作ります。これらの酸は腸管蠕動運動を盛んにします。また、免疫グロブリンA等の免疫物質の産生を高めることも知られており、健康維持に役立ちます。
高齢期には減少するのでビフィズス菌補給が必要となります。ビフィズス菌は約7日間腸内に滞留し序々に排泄されます。

納豆粉末(納豆菌)
納豆菌は消化器官・呼吸器の腔壁に付着し増殖し、10日間内外滞留して活性菌として作用した後に大部分は生菌のまま排泄され、その間に副作用を起こすことがありません。変異変性がなく、微生物の中で最も安全性の高い菌です。自分自身が産生するビタミン類(ビタミンB12、B2、B6、K6、ビオチン、葉酸、バクテリオシン、ジピコリン酸等)や消化酵素(アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、ラクターゼ等)を菌体外に排泄・分泌する特性があります。

ラクチュロース
腸内に生息するビフィズス菌、乳酸菌等の善玉菌はオリゴ糖類や食物繊維を餌として増殖しています。これらの成分は「善玉菌増殖因子」と呼ばれます。善玉菌増殖因子には、ラクチュロース、フラクトオリゴ糖、ラフィノース、マルトリオース等のオリゴ糖や乳糖、イヌリン、食物繊維、シスチン、パントテン酸などがあります。

イヌリン
イヌリンは多糖類系の水溶性食物繊維です。広く自然界に分布していることが知られており、ゴボウ、ニラ、ニンニク、キクイモ、チコリなどに含まれる天然成分です。昔より人間が食してきた安全性の高い素材です。イヌリンは食物繊維のフラクトオリゴ糖とポリフラクタンから構成されます。イヌリンは難消化性の繊維であり大腸まで到達し、腸内に生息するビフィズス菌のような善玉菌の餌として効率良く利用され、腸内環境を改善します。イヌリンはいわゆるプロバイオテックス効果をもつ水溶性食物繊維です。

ビートファイバー (特定保健用食品)
ビートファイバーは薬品を使用せずに衛生的に生産される天然由来の食物繊維です。
ペクチン、ヘミセルロース、セルロース、リグニンの水溶性と不溶性の繊維から構成されます。天然由来の食物繊維源の中でも最も高い繊維含有量です。また野菜由来の繊維質組成を自然のまま保持していますので、自然の食物繊維形態で犬猫に給与できる特長があります。ビートファイバーは犬猫の消化酵素により分解されずに、大腸に到達する食物繊維です。
善玉菌の餌、善玉菌の住居となり善玉菌の増殖に役立つプロバイオテックスです。消化管との物理的・化学的相互作用を介して様々な栄養生理的効果を発現します。

この商品のレビュー

総合評価

0点(全0件)

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿するにはログインしてください。

レビューを投稿する