• コラム
  • スタッフコラム

2019.11.12

乾燥は犬の健康に影響する?乾燥による体調の変化のサインをチェック

乾燥は犬の健康に影響する?乾燥による体調の変化のサインをチェック

冬が近づいてくると空気も乾燥して、犬たちの健康にもさまざまな影響が出るようになってきます。私たちよりも犬たちは環境の変化に敏感だともいわれているので、犬たちにとって快適な環境を作れるように様々な工夫をしていきたいところ。

今回は、犬たちの体に現れる空気の乾燥のサインと対策、適切な湿度を作るための工夫についてご紹介します。

乾燥による気管への影響

人間でも空気が乾燥すると気管への負担が大きくなるといわれていますが、犬たちも同様で、空気を取り込む鼻や気管が乾きやすくなります。気管の表面は粘膜で覆われていますが、この粘膜が乾燥してしまうことで菌の繁殖を招きやすくなり、炎症を引き起こしたり粘膜そのものが傷つきやすくなります。また、粘膜が本来持っている防衛機能、免疫機能の働きも低下しやすくなってしまうので気を付けたいですね。

犬たちも気管にトラブルが発生すると鼻水が出やすくなり、咳をするようになることもあるようです。
特にパグやフレンチブルドッグ、チワワ、シーズーなどの短頭種の犬たちは、気管が他の犬種よりも狭く、鼻も短いので気管の粘膜の乾燥の影響を受けやすいといわれています。

■ 気管の乾燥対策

犬たちにとって適切な湿度を維持するよう、加湿器機能がついた空気清浄機を使ったり、室内に濡れたタオルを吊るしておくなどの工夫が効果的です。
加湿器を使用する際には、加湿器自体を定期的に洗浄し、良く乾かしてから使用するほか、水をこまめに取り替えたり、フィルターなどの状態に気を配るなど、カビや雑菌が繁殖しないように注意してくださいね。

呼吸器系の健康維持に役立つハーブを使用した、吸収が早い液状タイプのサプリメント。

呼吸器系の健康維持に役立つハーブを使用した、吸収が早い液状タイプのサプリメント。

ヒルトンハーブ ハッカウェイ ゴールド

健康的な去痰、緩和、利尿をサポートするマーシュマロウ、抗バクテリア、抗ウィルス機能の維持ををサポートするリコリスなどをブレンドしました。吸収が早い液状タイプのサプリメント。

対象商品を見る

乾燥によりフケが出るようになる

犬たちと触れ合っていると、白いフケが出ていることがあります。フケは空気の乾燥によって、皮膚の表面の角質が剥がれ落ちることで発生します。
フケが目立つようになると、つい皮膚トラブルを疑ってしまいますが、最適な湿度を維持するように環境作りを行うことで解決することもあるようです。
暖房器具を使うことで室内の空気が乾燥するので湿度計などでチェックして、適切な湿度をキープできるようにしたいですね。

DOG's TALK

バーニーズマウンテンドッグと暮らすスタッフの場合、冬でも暖房はほぼ使用せずに過ごしているように、大型で寒冷地がルーツの犬たちとの暮らしでは、人間側が犬たちの適温に合わせて過ごす努力をしている方も多いようです。

また、犬たちによっては興奮したり、緊張することでフケが出やすくなる体質の犬もいるようです。精神的な面でのサポートがフケの予防になるケースもあるので、犬たちの様子を見ながらチェックしてみてください。

フケ対策のシャンプーをお探しなら

フケ対策のシャンプーをお探しなら

ヒルトンハーブ メディケイテッドシャンプー

皮膚のただれを予防し、フケを取り除くことで知られているニームオイルとその他ハーブを配合した濃縮タイプのメディカルシャンプー。におい、べたつき、ぱさつき、フケなどの皮膚被毛のトラブルに悩んでいる犬におすすめです。

対象商品を見る

POCHI スカルプケアソープ

スカルプケアシャンプーは、地肌をすっきり洗い上げる石鹸シャンプーです。天然成分のみで作りましたので、皮膚トラブルを持つ敏感肌の犬や猫に特におすすめできるシャンプーです。
ナチュラルにこだわり、厳選した原材料を使用しています。合成界面活性剤、合成保存料、合成香料、発泡剤などの化学成分は不使用です。間違って口に入っても問題ないほど安全性の高いシャンプーです。

対象商品を見る

乾燥による、皮膚のかゆみ

乾燥による影響はフケだけではなく、犬たちは皮膚が乾燥することでかゆみを感じやすくなるといわれています。皮膚が弱い犬たちの場合、乾燥した空気によって発生しやすくなった静電気に皮膚が反応してしまうことで、強いかゆみになることがあります。
冬になると寒さ対策として犬たちに服を着せる方も多いと思いますが、その服と被毛の間に静電気が発生することがあるので、皮膚にかゆみが出やすい犬、または神経質な行動を見せる犬たちに服を着せるときは注意したいですね。

何度も掻いている内に掻き壊してしまうこともあるようなので、注意したいところです。アトピーやアレルギーなどの症状とは異なり、空気の乾燥によるものなので、湿度が高くなると症状が出にくくなるのがポイントです。
皮膚を保湿するほか、被毛に適度な水分を含ませることで静電気を抑制することができます。また、ひんやりとしたものを患部に触れさせてあげると、広がった毛細血管を収縮させてかゆみを和らげる効果が期待できます。犬たちの皮膚そのものに、かゆみの原因があるわけではないので、かゆみを紛らわせるのがオススメです。

シャンプーのあとに使用するひんやり保湿ジェル。

シャンプーのあとに使用するひんやり保湿ジェル。

アースリーフ ジェルパック

天然抗酸化水を流さずそのまま乾かすジェルパックにしました。被毛のふわふわ感とツヤを引き立てます。また、しつこいフケ症や皮膚トラブルにもおすすめです。

対象商品を見る