• 特集
  • バイヤーズセレクション

2019.09.10

≪テラカニス≫ポチスタッフが作ってみた!テラカニスハンバーグ

≪テラカニス≫ポチスタッフが作ってみた!テラカニスハンバーグ

全て人間用として認可されたヒューマングレードクオリティの原材料のみを使ったブランド「テラカニス」。 運ばれてきたお肉や野菜などをその場でカットし、新鮮なまま缶に閉じ込めたのがテラカニスの製法です。
そのおいしさをまた違った形でご紹介できればと、今回はテラカニスの肉缶と野菜缶をひとつずつ使って、ポチスタッフがメーカーオススメのレシピを元に「テラカニスハンバーグ」を作ってみました。
テラカニスのクオリティの高さを犬たちと一緒にお楽しみください。

ポチスタッフが作ってみた簡単3ステップのテラカニスハンバーグ

■ 用意するもの

テラカニス ピュアミート ビーフ 150g
テラカニス ガーデンベジタブル オレンジフルーツ ベジタブル 150g
・おからパウダー 200g
・卵黄⇒1個分
・卵白⇒1個分

■STEP1

用意した材料を混ぜ合わせます。
混ぜ合わせたときに水分が多いかなと感じたら、おからパウダーを足すなど、調整してください。
このとき、用意した卵白をメレンゲにすると仕上がりがふわっとやわらかくなります。

■STEP2

混ぜ合わせた材料を適当な大きさに整えます。 あまり厚くすると中まで火がとおるのに時間がかかりますので、1.5~2cmぐらいが目安です。
水分量が多いとお皿にくっついてしまうので、そのままオーブンやフライパンで使えるクッキングシートの上に乗せておくと便利です。

■STEP3

フライパンでもかまいませんが、今回はオーブントースターで焼いてみました。オーブンの温度は180℃。 7分から10分程度焼くことで表面はカリッと中はやわらかく仕上がります。
中が半生の状態でもすぐに召し上がるのであれば特に問題はありません。

完成!ハーブ香るテラカニスハンバーグ

オーブンから取り出すと、テラカニスのベジタブル缶に入っているハーブとお肉が焼けたなんともおいしそうな香りが! 最後に残っていた「テラカニス ガーデンベジタブル オレンジフルーツ ベジタブル」をソース風に乗せてあげれば彩りもよくなります。
用意した材料を混ぜて、形を整えて、焼くだけなので、調理にかかった時間は約20分ほどで完成しました。
写真に載せたハンバーグ自体は5cmほどの大きさが3つですが、実際にはあとハンバーグ4つ分ぐらいタネが残っています。
あとはスタッフ犬に食べてもらって、その食いつきや便の状態を見てみます。

■ スタッフ犬が食べてみた感想

試食に協力してくれたポチスタッフ:常 (バーニーズマウンテンドッグ12歳)
最近は選り好みするようになって、気に入らないドライフードは吐き出してしまうようになりました。
必ず匂いを嗅いだあとに口をつけるんですが、テラカニスハンバーグを出してみたところ、すぐに食べだして食いつきはものすごくよかったです。
また、飼い主として一番嬉しかった点は、いつもの薬をハンバーグの中に入れると気にせずに食べてくれたこと。
普段はウェットフードに混ぜたり、ササミに切れ目を入れてその中に詰め込んだりと、なかなか手間がかかるのですが、ハンバーグなら外はカリッと中は柔らかいので、タブレット状のお薬を入れるのもハンバーグに薬をグッと押すだけ。 何も気にせずにガツガツと食べてくれました!
食べたあとの便の状態も硬すぎず柔らかすぎず健康そのものでしたよ。

おいしそうに食べてくれたようで、安心しました。薬を飲ませるのに便利なのはうれしい発見でしたね。 実際に作ってみて感じたのは、人間用に作るハンバーグよりもっとおいしそうないい香りがするということ。 これはテラカニスに使われているヒューマングレードの原材料のクオリティと、お肉缶だけで作るのではなく野菜缶も使ったことで、ハーブの香りがプラスされたことが大きかったですね。
テラカニスを愛用している方だけではなく、お肉好きな犬にはもちろん、好き嫌いが多い犬たち、そして薬を飲ませることにも使える「テラカニスハンバーグ」、3ステップで簡単に作れますのでぜひいちどお試しください。

今回ハンバーグに使用した商品

ダイエット食として人気のベジタブル缶

テラカニスのベジタブル缶は、ダイエット食として人気が高まってきています。
原材料は野菜やハーブ、海藻類のみになるため、100gあたりのカロリーが17kcal~29kcal。 さらに、栄養素を吸収しやすくするため、野菜や果物は全て裁断・調理・裏ごしされています。
テラカニスのベジタブル缶を使えば無理なくおいしいダイエットができますので、 ダイエット中の犬たちにトッピングとして与えてみてはいかがですか?

テラカニスのベジタブル缶は3種類