• 特集
  • 季節_ピックアップ

2019.11.11

犬のおやつにひづめを与えて大丈夫?代用おすすめデンタルケアアイテムもご紹介

犬のおやつにひづめを与えて大丈夫?代用おすすめデンタルケアアイテムもご紹介

犬たちのハミガキおやつとしても販売されている動物たちのひづめ。犬たちがよく噛んで長持ちする、とも言われていますが、とっても固いので試したことがないという方が多いかもしれません。そこで、本日は犬たちのおやつとして活用されるひづめはどんなものなのか、そして与える際の注意点と代用品としてオススメのアイテムをご紹介します。

犬たちのおやつとしてのひづめって?

犬たちのおやつとして販売されているひづめの多くは、牛のひづめです。牛のひづめは二つに割れた形をしていて、人間で言うところの中指と薬指に当たる箇所の爪が発達したものなのだそうです。この形のひづめを持っている動物たちは偶蹄目(ぐうていもく)というグループに分けられていて、ブタやヤギ、羊などもこのグループに含まれています。

ひづめは爪の一部なので、タンパク質の一種であるケラチンから構成されています。しかし、体が大きな牛たちはひづめを使って地面を踏みしめて歩くので、大変な負荷をかけられて伸びたひづめは非常に固くなってしまいます。四本の足で800kgから1トンほどもの重さを支えているので、とても丈夫なひづめが必要になるのでしょう。しかし、程よく温めて湿らせた状態であれば、いくらか柔らかくなります。

おやつとして活用されている理由

ひづめは長く噛むことができるので唾液の分泌が促され、しっかりと噛むことによって歯垢の除去に繋がるため、デンタルケアのひとつとして活用されます。きちんと丁寧に処理をされたひづめであれば、そこまで独特のニオイが出ることはないのですが、一般的にすぐに手に入るような手軽なひづめは独自のにおいがあります。いずれにしても犬たちは鼻が利きますから牛のひづめから出るニオイはとても魅力的なものなのかもしれません。
犬の好き嫌いもありますが、夢中になってしまう犬たちも多く、長持ちするので「楽しめるおもちゃ的なおやつ」という感じで、ポチスタッフも「途中で取り上げる」とのことでした。

飼い主目線で言えば、犬たちの注意を逸らしたいときや手が離せない時に、犬たちが夢中になってくれるひづめはありがたいですが、嗜好性が高い一方で非常に固いので、無我夢中でかじっていた犬たちの歯が折れてしまうというケースや大きめの破片を飲み込んでしまい消化不良を起こした、ということもあるようです。これは犬たちの歯の丈夫さなどにもよるとは思いますが、与える際に注意が必要なポイントではあります。

DOG's TALK

特に小型犬は体が小さいぶん、歯も薄いことが多いので注意が必要です。また、中~大型の犬であっても、噛む力が弱い犬には、注意が必要です。長時間噛み続けているとそれだけ歯や顎に負担がかかり、歯の破損につながる可能性があります。犬たちはひづめから出るニオイに惹かれてしまうので、犬たち自身に任せるのではなく、飼い主がある程度は管理しながら与えられるかどうかを検討することが大切なのかもしれませんね。

犬たちのデンタルケアに使いたいなら

「今までにひづめを使ってきた」「どうしても犬が欲しがる」という方は、犬たちに与える際は時間を決めて長時間必要以上に噛ませない、必ず飼い主が見ているところで与えるようにする、ということが大切です。

やはりいろいろ気になる方は、歯石や歯垢を取り除くという目的であれば、他にも犬たちに与えられるほどよい固さのおやつもあるので、それらと比較して犬たちの反応を確認しながら選んでみてください。オススメとしては、程よい固さを持っていて歯にこびりついた歯垢などをしっかり絡め取るローハイドガムや、リブボーン、長く噛んで楽しめる腱を使ったオヤツなどです。ヒヅメ特有のにおいが気になっていたという方には代替としていかがでしょうか。

デンタルケアアイテムとしても使えるおやつ