• インフォメーション
  • 新商品《Product》

2021.06.18

《POCHI》心臓と血流の健康維持に。ピクノジェノール®配合サプリ、ハートヘルスサポート新登場。

《POCHI》心臓と血流の健康維持に。ピクノジェノール®配合サプリ、ハートヘルスサポート新登場。

シニア期になるといろいろと健康に関するお悩みも増えますが、 「咳が辛そう」「心臓の雑音を指摘された」「肺のレントゲンがモヤモヤし始めた」など、相談が多くなるのが心臓に関すること。
加齢に伴い、少しずつ衰えていくことは仕方のないことですが、「気管が狭くてすぐ咳が出る」という場合もあり、心臓や血流のケアに注意されている飼い主さまは多くいます。
今回新しくご紹介するのは、心臓と血流、シニア期の健康維持を考えたサプリメント「ハートヘルスサポート」。
ピクノジェノール®(フランス海岸松樹皮エキス)を配合した小粒のタブレットタイプのサプリメントです。

「ピクノジェノール®」「タウリン」「コエンザイム Q10 」3つの成分で心臓と血流の健康維持をサポート

「ハートヘルスサポート」は、心臓と血流の健康維持に3つの成分「ピクノジェノール®」「タウリン」「コエンザイムQ10 」を配合しています。

■ ピクノジェノール®(フランス海岸松樹皮エキス)

フランス海岸松の樹皮由来の天然成分。プロシアニジンなど40種類以上のポリフェノールを豊富に含みます。また、海外を中心に40年以上にわたる研究が行われており、天然サプリメント成分では最も臨床的な裏づけが豊富とも言われています。ハートヘルスサポートに使用しているピクノジェノール®は、ホーファーリサーチ社の特許取得された方法で抽出されたピクノジェノール®を使用しています。

DOG's TALK

ココに注目!

ココに注目!

ハートヘルスサポートのピクノジェノール®は1粒中10mg配合。ピクノジェノール®は使用原料名としての表示をホーファーリサーチ社により認められているものが使える呼び方です。
そうでない商品は「フランス海岸松樹皮エキス」と表記していることが多いようです。

■ タウリン

心臓、肺、肝臓、脳、脊髄などに多く含まれるアミノ酸の一種で、目や心臓・内臓器官の健康維持に必要な成分。特にシニア期は、体内で生合成が不足するため、フードやサプリメントなどで補う必要があります。心臓においては、心筋の収縮に必要な成分とされています。

■ コエンザイムQ10

心臓、肝臓、腎臓に多く含まれる成分で抗酸化作用を持ち、血流の健康維持に必要といわれています。細胞内でエネルギーを生み出すビタミンとよく似た働きすることからビタミン様物質といわれ、加齢とともに減少するため、心臓を含む内臓器官の健康維持には補給が必要になる成分です。

DOG's TALK

シニア期の健康維持にも

シニア期の健康維持にも

「ハートヘルスサポート」は、シニア期に不足しがちになる「タウリン」「コエンザイムQ10 」を配合しているので、毎日サプリメントで補うことでシニア期の健康維持にも役立ちます。

おひとり様1個限りまずはお試し品で嗜好性のチェック!

POCHI ハートヘルスサポート 3粒

POCHI ハートヘルスサポート 3粒

お試し品のため、おひとり様1個限りの購入となります。在庫がなくなり次第、販売終了です。

■3粒入り:165円

対象商品を見る

ハートヘルスサポート50粒入り/3,520円

POCHI ハートヘルスサポート 50粒

POCHI ハートヘルスサポート 50粒

心臓や血流の健康維持、シニア期の健康維持を考えてつくられたサプリメント。心臓や血流の健康維持に必要なピクノジェノールⓇ、タウリン、コエンザイムQ10を配合したサプリメント。
[主成分(1粒中)]ピクノジェノール®(フランス海岸松樹皮エキス):10mg、コエンザイムQ10:20mg、タウリン:12.5mg
※Pycnogenol®(ピクノジェノール®)はホーファーリサーチ社の登録商標です。

■価格:50粒入/3,520円

【給与目安量(1日)】
体重5kg未満:1粒
5kg~10kg:2粒
10㎏~15㎏:3粒
以降5㎏増える毎に1粒増量

対象商品を見る

■ ペット栄養管理士Nより使い始めのポイント

心臓の健康維持に役立つサプリメントはなかなか高額のものが多く、毎日の健康維持には負担が大きいことも事実です。
ハートヘルスサポート50粒入りは3,520円ですが、体重5kgで50日分に相当しますので、他のサプリメントと比べても比較的続けやすい価格を実現しました。
実際にはすでに同じような他のサプリメントを使用している方は多いと思いますので、今使っているものとの併用で、まずは1日おきや、朝だけ、夜だけなど1日の半分から使ってみてはいかがでしょうか?
もちろん、普段飲んでいるお薬と併用することもできます。

獣医師からのおすすめ記事はこちら