• レシピ
  • 手作り&アレンジレシピ

2022.01.13

冬の犬の手作りごはんレシピ。お米のロールキャベツ

冬の犬の手作りごはんレシピ。お米のロールキャベツ

芯から体が冷える寒いこの季節に体温まるロールキャベツを作ってみませんか?

ロールキャベツは、野菜や調味料を混ぜ合わせたひき肉ダネをキャベツの葉で包み、スープで煮込んだ洋風料理です。ひき肉ダネを包むのが一般的ですが、ご飯や豆腐などを包んでも美味しいです。

今回は、電子レンジで簡単にできる一口サイズが可愛い「ライス入りプチロールキャベツ」をご紹介。肉ダネは、鶏ひき肉とご飯を使って、カロリーを抑えつつ、食べ応えのある一品に仕上げました!

犬用は可愛らしく一口サイズに、飼い主さんは一回り大きなサイズで作ってみてください。
飼い主さんは肉ダネに塩こしょうを、スープに洋風顆粒だしを加えて味を整えてみてくださいね。
寒い日の夜に、鶏ひき肉の旨味をたっぷり吸ったご飯とキャベツが美味しいロールキャベツ、温めて犬と味わってみてはいかがでしょうか。

材料:2頭分(1頭分の出来上がり重量:約83g)

キャベツ      :2枚(65g)
薄力粉       :大さじ1/2
鶏ひき肉      :60g
白飯        :40g
無添加パン粉    :大さじ1
水         :200cc
にんじん(一口大) :1/4本
ブロッコリー    :2房(25g)

作り方のご紹介


1.キャベツはラップで包み、600Wのレンジで2分加熱する。粗熱を取って半分に切り、軸の固い部分を削ぎ落とし、切り取った軸はみじん切りにする。


2.ボウルにひき肉、白飯、パン粉、みじん切りにしたキャベツの軸を加えて粘り気がでるまでよく混ぜる。4等分に分け、丸める。

※飼い主さん用として作るなら、お好みで肉ダネに塩こしょうを加えて味を調整してください。また、スープに洋風顆粒だしを加えると美味しく仕上がります。


3.キャベツを広げ、薄力粉をふる。真ん中よりやや下に肉だねをのせて包み、つまようじで巻き終わりをまとめる。同様に計4つ作る。

4.耐熱容器に3の巻き終わりを下にして入れ、水、にんじんを入れて600Wのレンジで3分加熱する。一度取り出し、ブロッコリーを加えて再度600Wのレンジで3分加熱する。


5.つまようじを取り外して器に盛り、上から汁をかける。にんじん、ブロッコリーを添える。

本日のメニュー『お米のロールキャベツ』の栄養計算をしてみよう

体重 5kg当り毎日の栄養要求量(NRC 1977)最低値と比較。(%)は充足率

体重 5kg当り毎日の栄養要求量(NRC 1977)最低値と比較。(%)は充足率

調理時間約40分
AAFCO栄養推奨係数で計算した代謝エネルギー:92kcal/約83g

《三大栄養素》出来上がり約83g中
たんぱく質:7.3g
脂質   :4.0g
炭水化物 :11.8g

体重 5kg当り毎日の栄養要求量(NRC 1977)最低値と比較。(%)は充足率

体重 5kg当り毎日の栄養要求量(NRC 1977)最低値と比較。(%)は充足率

《その他、気にしたい栄養成分》
食物繊維 :2.3g
カルシウム:33mg
リン   :70mg
鉄    :0.6mg

DOG's TALK

POCHIのペット栄養管理士

POCHIのペット栄養管理士

犬は穀物の消化が苦手、といわれますが水を加えて加熱したお米=炊いた白米ならほとんど問題なく消化吸収できます。速やかにエネルギーに代謝される炭水化物を含む白米を適切に与えることは、エネルギー補給にも役立ちます。今回はロールキャベツに使用することで美味しくヘルシーなレシピにアレンジ。お米の量を調整すれば、かさ増しメニューとしてもオススメです。

■ 管理栄養士がアドバイス。次の日作るときフォローしたい栄養素とおすすめメニュー

ちょっと気になる栄養素:カルシウム

ライス入りプチロールキャベツで気になる栄養素はカルシウムです。
カルシウムは犬の骨や歯の健康を保持・形成するはたらきがある他、筋肉の収縮や弛緩にも関与しています。総合栄養食を与えている犬では不足することはほとんどありませんが、手作り食を続けていたりすると不足することがあります。
カルシウムは牛乳やチーズの乳製品、えびやいわしなどの小魚に多く含まれています。