• インフォメーション
  • POCHI VISIONS

2021.11.09

今できるサステナブル。脱プラスチックを目指したエコなおやつパケ新登場

今できるサステナブル。脱プラスチックを目指したエコなおやつパケ新登場

脱プラスチックを目指し、2025年までに全ての商品をエコパッケージ化を推進していく《サステナビリティ POCHI VISIONS》。
その最初の取り組みとなる商品はおやつの円筒プラパッケージ。
5つのおやつパッケージからスタートするエコパッケージ、POCHIはできることからサステナブルを実現させ、順次環境負荷の少ないパッケージに切り替えていきます。

価格も見直しお求めやすく62%のプラスチック削減になったエコパッケージ

脱プラスチックに向けた取り組みの中で、まず見直したのがおやつの筒状プラパッケージでした。
ボーロをはじめPOCHIのおやつの中では、この筒状プラパッケージを採用しているものが多く、POCHIおやつパッケージの代名詞ともいえるものです。
だからこそまずはこの筒状プラパッケージを見直すことからはじめようということで、エコパッケージ化することになりました。
見直すとはいえ、筒状のパッケージのイメージもある程度は残し、サイズ感も同程度にしたいという前提のもと、たどり着いたのが「LLDPE フィルム」と「紙帯」を組み合わせたものでした。
「LLDPE フィルム」はサトウキビ由来のプラスチック原料を使用したフィルムで、CO2排出量の削減につながります。
酸化を抑えるガスバリア性は維持しつつ、従来品の円筒プラパッケージと比べて62%のプラスチック削減につながりました。

一番難しかったのは、エコパッケージにしても価格は同等か、できれば少しでもリーズナブルにしたいということ。
それを実現させるために、使用する紙やフィルムの選定から始まり、袋詰めの作業工程とサイズ感を何度も何度も見直し、9%程度の値下げが実現できました。
おやつのエコパッケージは5商品からスタートし、今後順次切り替えていく予定です。

ベーシックシリーズパケの素材変更

POCHIザ・ドッグフードベーシック 1kgのパッケージにサトウキビ由来のプラスチック原料を使用した「LLDPE フィルム」を採用。
植物由来原料配合比はフィルム単体で59%となり、CO2排出量の削減につながります。
価格は据え置いたまま、サステナブルなパッケージへと進化しました。
今後は順次3kgとエイジングケアシリーズもエコパッケージ化していく予定です。

サステナビリティ POCHI VISIONSPOCHIはサステナブルに取り組みます。

これからもずっと、犬たちのおいしい顔を見続けられるように、POCHIでできることから取り組みます。