• コラム
  • スタッフコラム

2019.10.21

犬の故事成語・ことわざ講座 ~They should be top dog!~

犬の故事成語・ことわざ講座 ~They should be top dog!~

人々と長く過ごしてきた犬たちは、さまざまな形で私たちの文化にも関わって来ました。昔の人々から伝えられてきた言い回しや表現にも、犬たちが登場します。そこには「犬って○○だよね」という昔の人々が犬たちに抱いてきた印象やイメージなどが反映されています。
昔の人々が見てきた犬たちの姿を映す鏡として、犬たちが登場する故事成語やことわざ、慣用句を紹介します。

~They should be top dog!~

They should be top dog!(彼らはきっと、頂点に上り詰めるだろうね)

《出展》
英語の慣用表現

《意味》
"top dog"は競争を勝ち抜いて一番になること。またはチームのリーダー的な存在を指したり、勝者を称えたりする時にも使います。

どういった場面で使われる?

先日開催されたラグビーワールドカップが盛り上がる中、海外のチームについて紹介した記事の中で出てきた表現です。犬たちと暮らしている方ならご存知だと思いますが、犬たちはもともと群れで暮らす習性を持っている動物で、集団生活を送り、群れをまとめる役割を持ったリーダーと呼ばれる犬が出てきます。そういった犬たちの習性から生まれた言葉です。

今回の場合は、ラグビーのチームの中で中心的な役割を担っていく選手は誰か?という記者の問いに対して、若手の選手が台頭していることを嬉しそうに監督が語り、そして"top dog"になるだろうとしていました。
犬たちと一緒に観戦で盛り上がった方も多いラグビーワールドカップ。日本代表は2019年の大会ではベスト8という結果で終わりましたが、どのチームが"top dog"になるのか、そしてその次の大会では日本が"top dog"になれるのかを注目したいですね。