• コラム
  • 知るという、栄養

2019.03.20

「犬と食の」一問一答 犬に牛乳を与えてはいけないの?その理由は?

「犬と食の」一問一答 犬に牛乳を与えてはいけないの?その理由は?

乳糖の基本的な情報と、下痢との関係について。

「犬は成長と共に乳糖を分解できなくなるから、牛乳を与えるのは良くない。」

犬たちと一緒に暮らしている方なら、きっと一度は聞いたことがある言葉なのではないでしょうか。乳糖とは、乳に含まれている糖質の一種です。もちろん、犬たちがお母さん犬からもらっていたお乳にも含まれている成分です。
実はこの乳糖は、単糖類であるブドウ糖や多糖類のでんぷんとは異なり、二糖類と呼ばれる仲間に含まれています。
二糖類は、その名の通り、一つの糖ではなく、二つの糖の分子が結合してできています。二糖類を栄養として取り込むためには、この状態を腸内の酵素が分解し、代謝可能なブドウ糖などにして取り込む過程が必要です。
乳糖もそのままの状態では糖分として体内で代謝することができず、腸の中の分解酵素"ラクターゼ"と呼ばれる酵素によって、一度分解された後に吸収されます。

一方で、このラクターゼと呼ばれる酵素が十分に働かなかった時など、乳糖が分解されずに腸を進むことで、下痢が引き起こされることがあります。
消化できなかったものをいち早く体外へ排出しようとする、生理的には正常な反応です。

犬は完全に乳糖を分解できなくなるの?

一般的に犬たちも、大人になっても乳糖を分解する酵素"ラクターゼ"が腸内から完全に消えてしまうことはありません。しかし、お乳で育つ離乳前をピークとして、そこから酵素の活性性がピーク時の約10%前後まで失われていくことは事実のようです。

また、犬たちのお乳に含まれている乳糖の量は、3.1%前後といわれています。一方で牛や羊などの乳には4.5~5%の乳糖が含まれており、ラクターゼが十分に活性化しているはずの子犬の時期であっても、たくさんの牛乳などを与えるとお腹を壊してしまうことがあります。
そのため、犬用ミルクなどでは、腸内でラクターゼが乳糖を分解するのと同じように、乳糖を加水分解処理を施すことで消化できる形にする加工が施されています。

DOG's TALK

ペット栄養管理士 U

ペット栄養管理士 U

ちなみに、健康な成犬の場合、1g/1kg(体重)以上の乳糖を摂取すると下痢が起こりやすい、とされています。
この量は牛乳を20ml/kg(体重)に相当します。たとえば、10kgの犬の場合、200mlの牛乳を飲むと下痢を起こす可能性が高くなる、ということですね。

ミルクは栄養価も高く、嗜好性も高いため、水分補給が必要な犬や食欲がない犬たちにとっては、とても役立つアイテムです。
"たくさん与えすぎると体に良くない"というのは、乳糖に限ったことではありません。ミルクの場合も、他の食材とのバランスを考えたり、乳糖の摂取量に気をつけながら、犬たちの食事やオヤツに取り入れてみてくださいね。